愛しのルイス&フィーゴⅡ

JRT(ジャックラッセルテリア)フィーゴとルイスと飼い主のこと。

我が家の男三人衆はK9ディスクジャパン 木曽三川へ! 

4月24日(日)

K9ディスクジャパンの木曽三川の大会がありました。

当日、私は不覚にも体調不良で急遽、お休みとなってしまった。

お昼前にフィーパパからメール。

ルイス 1R目 23Pで4頭中 3位。

フィーゴ 1R目 3キャッチで12P。


フィーゴが3キャッチ

フィーゴが3キャッチ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!



携帯を何度も何度も読み直したけど本当にそう書いてあった。

もうメールより電話だ!

すぐにフィーパパに電話した。

本当に本当に?ってまた聞いてしまった。

“ほんまやで。フィーゴな、真面目に頑張ってた。

あの子はいっつも真面目やけどな。違う意味の時もあるけど。

お前に見せたかったわ。”って。

電話でフィーパパと喋りながら泣いてしまった。



見たかった。見たかったよー!!!

この日はラン家と一緒に木曽で会えるのを楽しみにしてた。

会えなかった事も悲しかったけど、フィーゴのキャッチを見れなかったことも悲しい。

けど!ランPが動画を撮ってくれてた。



練習では毎回、キャッチ出来てたフィーゴ。

それが1回の時もあれば何回もの時もあり。

でも本番ではなかなかキャッチまではいかなかった。

この日のディスクはフィーゴはジョーズで。

そう言えば、練習の時はジョーズの方がキャッチ率が高かった。

特に意味は無いけどルイスと同じディスクで良いか~って本番では投げてた。

K9ではコーンの色と似てるからまたコーンを咥えて走るんじゃ無いかと不安もあった。

自分が投げやすかったってのもある。

ワンコとディスクの関係に大きな意味があることも知らずに。

去年の春。若葉の会で初めてジョーズと出会ったフィーゴ。

それまではボールにしか興味も無くてまさかフリスビーをする様になるなんて。

それから一年が経ちました。

002_20110425185002.jpg
ずっとずっと0P ノーキャッチだった。

それでもフィーパパと家に帰ってからも練習してる時も言ってた。

いつかキャッチ出来る様になるんちゃうか。

そのときが楽しみやなって。

それが今回は1R目の最初のキャッチはすぐに口から離したからノーカウントかと思ったけど。

1R目 4回スローのうち、3キャッチ。

2R目 3回スローのうち 1キャッチ。

フィーちゃん。キャッチ出来たなぁ。動画見て感動したで。

その前に電話で様子を聞いてとっくに感動してたけど。

初めて大会でポイントを書いて貰えたなー

いっつも頑張っても頑張っても0点のテスト用紙を持って帰って来る子を叱る事が出来ずにいた。

だってフィーゴは悪く無いもん。やり方を間違ってる私たちのせいだっていつも思ってた。

ちょっと考え方を変えたらフィーゴも変わった。

これからも色々と試してみよう。ジョーズでキャッチが出来るならジョーズで続けよう。

そしてキャッチを本当に覚えたらいつか大きなディスクに進もう。

フィーゴは何を覚えるのもとっても時間がかかる子。

でもその時間がとても楽しみ。

次は私と出る予定なんやけど、フィーちゃん、キャッチしてくれるかな。

動画の最後に映ってるけど勝手にディスクをフィーパパから奪い取って一周して帰って来るフィーゴ。

受け渡しもまだまだなフィーゴ。

キャッチしてもそのまま突き進んで遠回りしてから帰って来るフィーゴ。

でも走って帰って来る真剣で楽しそうな顔のフィーゴ。

この顔が見たくて。

まだ4歳になって無いフィーゴ。

まだまだこれから。ながーくほそーくフリスビーも続けよう。元気な身体でね。

大会でキャッチが出来た事がとても嬉しかった私たちと同じ様に、

動画に映るフィーゴも嬉しそうに思えた。

俺!キャッチ出来たぞー!!って

フィーゴの大会初キャッチに感動して日記も長くなっちゃった。

ルイスの大会の様子は次の日記で。


フィールイ

ルイス: お母さん! 僕 またこんな写真しか無いん!!!

     クレートの柵の間からしか写って無い!!

     見えてる?僕の顔???


  ごめんな。チラっとだけ見えてる・笑

      でも撮ったのは私と違うし








      

プロフィール

最新記事

カテゴリ

カテゴリー+月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム