愛しのルイス&フィーゴⅡ

JRT(ジャックラッセルテリア)フィーゴとルイスと飼い主のこと。

無人島じゃ無かった!

006 (700x525)

5月1日

和歌山の海に浮かぶ黒島へ。


010 (700x487)

浜から目の前です!


無人島やー。

干潮時にしか上陸出来ない浜で遊ぶねんヽ(´▽`)




044 (700x525)

(´・_・`) 無人島と違う。



087 (700x525) (2)

島の周りには釣り人がビッシリ。



無人島と違うがなー(;_;)



ここまで釣り人が多いと思わなかった黒島。



184 (525x700)

上陸した浜からすぐの細い洞窟を通ったり出来たけども。


223 (700x525)


224 (700x525)



可愛い可愛い二匹の後ろ姿も見れたんやけども。

とっても不完全燃焼なカヤックでもありました。


写真もほとんど無いけどまたちゃんと日記に書こう! 

動画はあるねん。

家で見てたら酔いそうやった




そして!この日はタケシさんがお魚に襲われました!

島の周りを漕いでる時の事。

『痛っ! うわっ! 何や今のん!!』


前の席でタケシさんのこの声を聞いていた私。

・・・また大袈裟な



『いきなり背中にドン!やぞー!!

それが跳ね返って俺の腕に当たってなー

血が出て来たわぁー


後ろで何だかんだと言ってるタケシさん。


『へぇー本当かいな。それはスゴイやん。

そんでその魚はカヤックに乗せてくれたんかいな?』


『逃げた!全長30センチはあった筈や!惜しい事したなー』


はい。はい。って思いながら聞いてた。

でも黒島で上陸した時に腕を見てビックリ(゚д゚)!

めっちゃ血が流れてた。


『タオルで止血しよ!』

って言う私にタケシさんは。

『大丈夫や。潮水で止血する

めっちゃカッコ良い事を言ってはってん。

海の中に腕を入れて自分の指で傷口を押さえてはった。




そして出航場所に戻って傷を見せて貰いました。



写真です。


248 (700x525)

ただの擦り傷やがなー



でも何がタケシさんの背中にヒットしたのでしょうか。

すごく知りたい。

そして黒島へ再び行く事があったとしたら。

やっぱり今度は釣り人として渡った方が良いのかな

ちゃんとした釣り道具は持って無いねんけどね


プロフィール

最新記事

カテゴリ

カテゴリー+月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム