愛しのルイス&フィーゴⅡ

JRT(ジャックラッセルテリア)フィーゴとルイスと飼い主のこと。

胃腸炎

a007 (610x458)-001

何かと病院通いが続く我が家です。

混合ワクチンの副作用も無く。

ステロイドも飲ませずに済んだので良かったーと思っていたのに。


最近フィーゴがご飯を食べ様としない時が何度かあった。

あの食いしん坊万歳のフィーゴが(゚д゚)

その時は伸びるポーズ。

祈りのポーズと言われてるのを良くやってた。

かと思えば朝から空腹で胃液を吐いて。

そんな時はご飯はガッつく。


そんな日が続いたのだけれど。

12月4日の早朝。

また胃液を吐いてたフィーゴ。

ご飯をあげました。

暫くしたら全部吐いた(;_;)

二度ほど吐いた(;_;)


水は自分で飲んでた。

元気はあったので飼い主たちは仕事へ。



帰ってからの彼らのご飯。

フィーゴは食べず。

鶏肉を茹でたのがあったので食べる?って聞いたら食べた。

沢山はあげてない。

それから暫くしたらフィーゴがうずくまるようにして私を見てる。

どうしたん?って。

フィーゴは尻尾を丸めて体はブルブル震わせて動けなくなってた。


抱っこしてあげたら震えは止まったけど。

これは病院に行かねば。

病院までの時間、フィーゴはグッタリしたまま。



パパさんも帰って来てくれて一緒にかかりつけの病院へ。

院長先生に診て貰う。

誤飲の可能性は?

全く無いとは言えなかった。

お散歩では絶対に食べて無い。それは自信がある。

でも家では毛布をシガシガして穴をあけたり。

おもちゃを壊したり。

その欠片とか拾うけど。取り上げるけど。

なのでレントゲン、エコーも撮る事になりました。

布とかだと写らないだろうにな。と思いながらも。


検査でフィーゴは別室へ。

暫くしたら呼ばれました。

まずは血液検査の結果。

肝臓の数値は相変わらず高いまま。

低くなってるのもあったけど。

それから炎症反応が出てた。

他の数値は正常値。

レントゲンにはやはり異物は写らず。

エコーで色んな臓器の説明。

エコーの範囲では腫瘍などは見つからず。

小腸が炎症を起こしているのが見られた。


結果。

胃腸炎です。



この日の治療費

診察料 800円
生化学検査 500×12項目 6,000円
CRP検査 1,100円
CBC一般検査 2,500円
レントゲン読影料 2,000円
デジタル・レントゲン検査 1,000円
腹部エコー検査 3,000円
内服薬 350×5 1,750円

ペット保険を使い自己負担額は11,000円ほど。



最初は膵炎とかの心配も先生に言われた。

私は違う病気が頭にあった。

食欲が無く震えが出てグッタリする・・・

タケシさんに『お前は悪い方へ悪い方へ考えすぎ!』

って言われた。

確かに。


それから帰ってから何事も無かったかの様に

ご飯をペロリと食べたフィーゴ。

まだお薬も飲ませて無かったのに。

嬉しかった反面。

あない大袈裟な検査は必要やったんかいな(;_;)って言う私。

『色々と調べられて他に何も無かった事がわかって良かったやんけ~

とタケシさん。

そうやんな。

肝臓の数値も高いままやけど投薬とかは無いのだけど。

今はとりあえずは胃腸炎を治す事の方が先決。

と言うか。

有り難い事にお薬は飲んでるけど病院から帰って来てから症状は全く出ず。

いつもの食いしん坊万歳のフィーゴです。


あの日、風が強かった。

ブルブル震えてたのは気圧も関係してたんかな。

胃腸炎は確定したけど。

私もあの日の前日くらいから頭が少し痛くなってた。



ルイスは今まで病気で心配をした事が無かったけど今回の乳頭腫。

フィーゴは昔から心配をかける子だけど胃腸炎は初めて。

犬達も本当にこれから色々と出て来るのだろうな。

二匹とも足には不安があるけど。

これ以上走らせたら駄目って時がわかっているので今は調子が良い。

年を重ねるに連れて人も犬も色々あるある。

だけどまだまだ元気で過ごしたい!

一緒にいてくれる間は沢山笑って過ごすんやんな(´▽`)

みんなと一緒に。みんなのワンコも一緒に。


プロフィール

最新記事

カテゴリ

カテゴリー+月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム