愛しのルイス&フィーゴⅡ

JRT(ジャックラッセルテリア)フィーゴとルイスと飼い主のこと。

実はとても繊細な男。

555 (610x405)

↑これってGWのキャンプの時の写真。

フィーゴの右足が赤くなってるのがわかるかな??



今年の1月の終わりにフィーゴがベッドから落ちて。

数日後にビッコになったので夜はハウスで寝かせる事にしてから3ヶ月が過ぎた頃。

フィーゴ。自分の足を舐めすぎて真っ赤になってました。

と言うか、キャンプの前日には水膨れになって膿んでた。

キャンプ中は雨の時はラバーブーツを履かせてマメに消毒をしました。

海では海水で消毒(爆

飼い主の責任でキャンプに連れて行きました。




病院でも診て貰ったけど皮膚病では無くて自分で舐めてるからですね。って言われてた。

右足だけだったのが左足も毛先は赤茶色になってた。錆びたみたいな感じに。

犬が自分の足を舐める事を調べたら お散歩が足りないとか、ストレスとか書いてた。

お散歩は行ってるしな。

ストレスって言われても。結構、自由犬だと思うねんけど。


そこでもしかしたら?って思ったのが夜、一緒に寝なくなった事。

確かに夜中に起きて彼らの部屋を覗いたらフィーゴは座ってる事が多かった。

知らんふりして私達は寝てたんやけど。

そしてあのGWキャンプの時の事。

朝ご飯頂戴!って言われて。まだ早いわい!って無視してたら。

フィーゴは自分の足の毛をキッキッと自分の歯でむしりだした。

何してんの!って言ってご飯はあげへんかったけど。

もう彼の右の足先はツルっぱげになってたのだ。

我が儘に来たからなぁ。甘やかしたもんなぁ。

でも今回の舐めるのが始まったのは考えたらやっぱりあれしかない。




もともと躾の意味で一緒に寝なくなったのでは無いので

キャンプから帰っても一緒に寝る事にしました。



うちはドアはどの部屋も開いてて。

でも勝手に彼らは寝室に入ったりしなくて。

“今日からまた一緒寝やでー”って言ったら嬉しそうに寝室についてきた。


a001 (610x458)

こうやって寝たかったみたい。

パパさんにくっついて


それから舐めるのが減って。

毛をむしる事も無くなったー!


a238 (610x458)

一番ひどい時の写真は撮って無いので比べようが無いけども。


a006 (610x458)
↑これが今日撮った写真。

毛が生えて来ましたー\(^o^)




実はとても繊細な男は、飼い主も充分わかってるけど甘えん坊な男やった。

あの時、もっと一緒に寝てやったら良かったよね。って後で言う時が来るなら。

たとえ朝のはよから耳の横でボリボリ。カキカキして起こされても。

アクビかなんか知らんけど起きてくれーってアピールの音を出されても。

ええねん。

フィーゴとルイスが一緒に寝たいなら寝てあげる。

って言うか、私も寝る時はやっぱり嬉しい。

最近はめっちゃ暑いけど。

ルイスはいつも一緒に何でもお付き合いさせられて可哀想に思うけどありがとうね。


しかしなー。

夜中になー。

知ってるねんでー!


フィーゴよ。

あんたな。

ベッドじゃ無くてソファーで寝てるやろ!


結局、ハウスが嫌やっただけかい!

でもお昼間はずっとハウスやもんな。

1日の半分は自由がええねんやんな。

お互い、そこで妥協してこれからも一緒に暮らしていこな


a010 (610x458)



プロフィール

最新記事

カテゴリ

カテゴリー+月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム