愛しのルイス&フィーゴⅡ

JRT(ジャックラッセルテリア)フィーゴとルイスと飼い主のこと。

先週末の我が家。

先週の金曜日。

喉が痛くて目が覚めた。

喉の奥にものすごい違和感。

頭も痛い。身体も痛い。

体温計を測ってみたら・・・。

38度5分

平熱が35度台の私には有り得ない体温計の数字。

そういえば寝てる時、やたら寒かった。

でも夜練も行ったし、友達とメールもしたりして寝るまでは平気だったのに。

もしやインフルエンザか?と思いつつも病院に行く元気さえ無かった。

職場には休ませてくださいの電話は出来た。

フィーゴもルイスも朝からフィーパパが夜に帰って来るまでずっとケージの中で私はベッドで寝たままだった。

家にある風邪薬は飲んだんだけど、あんまり効かず(全く効かず)その後39度まで熱は上昇。

夕方、ボーっとした頭で携帯を見たら千葉に住む弟のお嫁さんからメールが来てた。

家族三人無事です。

?何のこと??

私の母親にも同時に送ってあったので母親に電話してみた。

揺れたやろ!! 日本中がエライ事になってるで!!

寝てた私・・・エライ事に悲しいかな全く気付かなかった

テレビをつけて初めて大変な事に気付いた。

フィーパパ、今日は名古屋だけど大丈夫なんかしら。

電話したら商談待ちで揺れはすごかったって。

弟のお嫁さんに返信をして、都内に出ていたことを聞いた。

つい最近、甥っ子は高校に合格した。その制服を作りに都内にって。




弟に顔がそっくりの甥っ子。アトピーで苦しんでた甥っ子。

優しい心の男の子。

もう高校生になるんやね。合格おめでとう!





電車が止まってしまってバスを乗り継ぎながら千葉まで帰ったらしい。

みんな無事で良かった。

その夜も私の熱は下がらずのまま。

翌朝、期待して体温計を測ったけど39度の数字。

ダメだー病院に行こう。

前の日はフィーパパが名古屋から帰ったのが8時過ぎていたし、自力で病院に行けなかった。

でも。熱って上がるまで上がったら身体は意外と楽になる事を知った。

今年に入ってから微熱が4~5日ほど続いたこともあったからそっちの方がしんどかったかも。

病院でインフルの検査をしたけど、違っていて、喉に膿が溜まってた

喉が痛いはずやー。高い熱も出るはずやー。

先生いわく、今はインフルエンザB型がこの近くで流行ってますよ。でも見た限りではインフルじゃ無いね

だったら・・・あの痛いインフルの検査は何だったんやろか・・・。

調べないとわからんもんね。

お薬を貰って家に帰ってごはんを食べてまた寝た。

土曜日の夕方には熱が下がってたけど、

友達が熱が下がったからと言って無理をしてはいけません!

お薬で熱が下がっているだけかも知れないでしょ!んだんだ。って・・・。

はい。おとなしく寝てます。でも地震のことが気になる。

テレビを見ると涙が出てくる。

苦しくなった。



日曜日の朝。やっぱりもう熱は下がってる。

でもずっと寝てたのでフラフラするからお天気は良いけど出かけるのはやめよう。

029_20110314231439.jpg

お散歩は連れて行ってもらっていたフィーゴとルイス。

お天気が良いから公園はオフ会みたいに犬連れの人でいっぱい。

マンションのベランダから見えるの。

064_20110314231438.jpg
フィーパパがフレンチトーストを焼いてくれたよ!

嘘です。自分で焼きました。

これがどーしても食べたかった。

057_20110314231439.jpg

お天気の良い週末。

静かな週末。

普段と変わりの無い週末。

005_20110314231351.jpg

感謝の気持ちでいっぱいになった。

015_20110314231351.jpg

風に揺れる洗濯物が干せること。食べたい物が食べられること。

026_20110314231440.jpg

何の不安も感じさせないこんな顔を見れること。

023_20110314231350.jpg

いつもと変わらない茶色い顔と黒い鼻。

054_20110314231439.jpg


061_20110314231439.jpg


私の熱はお薬と睡眠ですぐに下がった。

被災された方たちの悲しみ、辛さは計り知れない。

自分に出来ることを考えてこれからの毎日を過ごそう。

そして今ある生活に感謝しよう。

いつ自分達の周りに起きてもおかしくないこと。

色んなことを教えてくれる方たちの言葉を大事に受けとめさせて貰おう。



もしあの高熱の中、大阪に大きな地震があったら私はちゃんとフィーゴとルイスを守れたかな。

何があっても守らなければ。




月曜日から無事に職場復帰。





震災により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに

被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。






プロフィール

最新記事

カテゴリ

カテゴリー+月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム