愛しのルイス&フィーゴⅡ

JRT(ジャックラッセルテリア)フィーゴとルイスと飼い主のこと。

フィーゴのアカラス(毛包虫症)治療⑤

DSC_0062 (610x458)

病院の事を書くのを、2回くらい飛ばしてる気がする今日この頃。

アカラスの治療は先生に診て貰ってお薬を貰っての繰り返しです。



アカラスとは別に湿疹が出来て慌てて病院へ行ったのが二度ほどありました。

前に日記にも書いた分離不安から来る尻尾噛み。

同じ様な湿疹が他の部分にも出来て病院へ連れて行った事もあった。

結局、尻尾に出来たのも湿疹で分離不安から来るものでは無いと言うことに。

やっぱりー!って言うのは飼い主の心の声。

でも何で湿疹ばっかり出来るんでしょうか?って聞いたら、

どの子も出来ますよ。もっと酷い子もいてます。とのこと。

ブドウ球菌がどうしたこうしたって言ってはったけど。忘れてしもた

いつものお薬と一緒に抗生剤も3週間ほど飲んでいた事がありました。



最近の様子。

033 (458x610)


034 (610x458)

これはルイスだった




022 (458x610)



002 (610x458)

フィーゴ; 俺の嫌な事をするんやな

008 (610x458)

ちょっと見せてちょーだい。最近はあんまり何回も見て無いやろ。


毛も生えて来て私も以前ほど一日に何度も見てガックリしてって言うのは無くなりました。

お薬は先生は三ヶ月は飲んだ方が良いとの事でまだ続けてます。

今度の病院の日に患部の皮膚組織を削って検査をします。

それで今後、お薬をどうするか決めます。


先生には毛包虫がいなくなる事は無いけどね。って言われています。

悪さをするかしないか。

それと7歳前後で発症するのは珍しいらしくて。

多分、再発を繰り返すやろなぁ。だって



そんなん、まだわからへんやん。とは言えなくて

【えぇー・・゚(゚´Д`゚)゚】しかよう言わんかった。

でも先生はアカラスくらいええやん!って。

もしまたアカラスの症状が出て来たらお薬飲んでうまく付き合っていけば良いって。


アカラスに完治って言葉は無いのかな。

でも先生、飄々として言ってはったので私も気が楽になりました。



キャンプや海遊びの事も報告したら。

【ええやん♪ ええやん♪ 】って笑って聞いてくれてはります。

ただサプリに関しては先生(院長なんだけども)はあんまり効果が無いと思ってはる人で。

でも飲ませたかったら飲ませて良いよ。って言う人です。



シャンプー以外はフードやら何やらとフィーゴに合わせて色々と変わったルイス。

それが良かったのかルイスの肌が強くなった様な気がする。

泳がせたり、草の上に寝転ぶと真っ赤になってたのに最近はそうでも無い。

毛はめっちゃ薄いけど


シャンプーは少し前から今のかかりつけの病院で配合してくれたシャンプーを使っています。

(自信作らしい

それからアカラスとわかるまでにフィーゴの耳に垢がたまって臭いもしてました。

外耳炎をおこしてた。これもアカラスから来るもの。

それも今は以前と同じ様にカラカラすっきりの綺麗な耳に戻りました。



さて。フィーちゃんのアカラス治療は次で終わるのかどうなのかー

005 (610x458)

鼻に毛がツイていようが平気なフィーゴ。

とても頼もしいです(´∀`*)






病院通いが続くと色んな場面に遭遇します。

可愛いパピーの初めてのワクチンとか。

でも楽しい事ばかりじゃ無くて。

抱き抱えられてすぐに処置室へ入る子もいてる。

一緒に泣きたくなる事も。

色々あるなぁ。




自分たちが病院へ通うようになって思ったこと。

ずっと病気と向き合っていて病院通いが続いている子達に私は簡単に頑張って!って言葉を言って無かったかな。

頑張ってるのはわかってるのだもんね。



そんな事を思ったりもした今回のアカラス治療です。







プロフィール

最新記事

カテゴリ

カテゴリー+月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム