愛しのルイス&フィーゴⅡ

JRT(ジャックラッセルテリア)フィーゴとルイスと飼い主のこと。

フィーゴのアカラス(毛包虫症)治療②

8月24日(日)

教えていただいた箕面市の病院へ。

事前に電話で事情を聞いて貰っていました。診察時間内で忙しくされているのに。

優しい先生でした。

病院は閑静な住宅街にありました。森町動物病院さんです。HPもあります。

道中、懐かしいなぁ。自然の森のキャンプ場へ行く道だよね。なんて言いながら。




まずは血液検査の結果を見て頂いて。

フィーゴの患部を診て頂いて。


色々とアドバイスをして貰いました。

固い場所で寝てませんか?って。

フィーゴが寝てるのはだいたいケージの中(お留守番中)か、ソファーの上。

いつも寝てる場所、ケージのベッドの上に肌に優しい綿のバスタオルを敷いてあげてみて下さい。

!車のクレートは薄い冷え冷えマットを敷いただけだった。

それからは車のクレートの中にもバスタオルを敷いてます。



夏バテしたのかも知れませんね。って。

エアコンは28度設定にしてた。それで良いって。

フィーゴももうすぐ7歳。

053 (610x458)

口の端に白髪も出てきてる。

いつも元気に見えても私達が思うよりも早く早く年をとってたんやね。

瞬発力はあるけど、持続力は昔から無いもんね。



虫がいなくなる事はありません。とここの病院の先生にも言われました。

その虫が悪さをしなくなるかどうか。



かかりつけの病院で貰った飲み薬を本当は飲ませたく無いけど。

神奈川県の院長先生にも電話で言われたのが、西洋医学と並行してアロマオイルの治療を。でした。

こちらの先生も体の内側からの治療(飲み薬)と外側からの治療(アロマオイルとシャンプー)で。との事でした。


そうや。お薬を怖がってばかりいてはあかん。

出来るだけ飲み薬を飲む期間が少なくなれば良い。






392 (458x610)

クローブのオイルを1日に何回か。(これは猫ちゃんには使えないそうです。)

舐めてしまっても大丈夫だけど、お散歩前や遊んであげる前に。

そしてたら舐める前に体に浸透します。って。

シャンプーはこの病院で言われたのは毎日。

でも毎日は無理だろうから4%に薄めた液をスプレーしたら大丈夫とのこと。

かかりつけの先生には生活環境は関係無いと言われたけど掃除機はマメにかけてます。

ケージに敷いてるタオルも毎日取り替えています。

この箕面市の院長先生がおっしゃったのは、

意外とそう言う事をやってみるのが治る早道かもですよ。って。















写真を載せます。

記録として残したいので。


046 (610x458)

8/17(日) 最初のかかりつけ医で診断された夜の写真。

011 (458x610)

右後ろ足。


008 (610x458)

大きな赤いのは診断の為に削られた跡。




8/30(土)

001 (610x458)

少し色が薄くなって来た。


007 (610x458)

劇的には治って無いけど少しずつ良くなってます。

涼しくなって湿度も下がって過ごしやすい気候になったらもっと良くなるかな。



フィーゴが痒さを伴ったものでは無くて良かった。これで痒かったら掻きむしって血だらけになって・・・。

まだまだこれから良くなったなって思っても悪化する事もあるかも知れないけど。

良い方向に向かうと信じて頑張るのみよー!




063 (610x458)

アカラスと診断された夜。

フィーゴの体をマッサージ。

いつも通り、気持ち良さそうに寝てくれてた。


これからも頑張ろうね。フィーちゃん♡








プロフィール

最新記事

カテゴリ

カテゴリー+月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム