愛しのルイス&フィーゴⅡ

JRT(ジャックラッセルテリア)フィーゴとルイスと飼い主のこと。

フィーゴのアカラス(毛包虫症)治療

045 (610x427)

それは8月17日(日)の事でした。


飼い主たちの夏休み最終日。


8月のいつからだったか、フィーゴの内股の所が日焼けでめくれたみたいにカサカサになってました。


病院に行った方が良いかな。と思いつつ痒がってはいないので様子を見る事に。


それが内股の所は良くなったのだけど胸と足の先のところが赤くなって来た。


治らないし、塗り薬でも貰おうと軽い気持ちでいつもの病院へ。



042 (610x435)

ルイスは自分が診察される訳でも無いのに怖くてドキドキで大きなアクビをしてました。

犬って不安な時ってアクビして緊張をほぐすのね。




フィーゴの診察の順番が来ました。

院長先生はお休みだったので違う先生に診て貰いました。


これは・・・


先生。そんな深刻な顔をしないでー


もしかしてと思う事があるので局部麻酔をして皮膚を削って調べてみますね。



しばらく待合室で待ちました。



タケシさんとあっこさーん。どうぞ~



呼ばれてすぐに通されたのは診察室では無くて検査室。

そのモニターに映っていたのはゾウリムシみたいな。

でも見たことが無い様な変な虫が足をゴソゴソと動かしてた。


ギョえーヽ(;▽;)ノ なんじゃこれはーヽ(;▽;)ノ 気持ち悪い・・・が私の第一印象。

こんなのがフィーゴの体を痛めつけてるのか!キィィィー!




毛包虫症ですね。アカラスです。

これは成犬になってかかると非常にやっかいな病気です。

それと、甲状腺機能低下症、糖尿病を患っていると発症する事があります。

後日、フィーゴ君の血液を含め、体全体の検査をしましょう。

今日は虫下しを出しておきますから今夜から飲ませてあげて下さい。と言われました。


虫って言われて先生に聞いたのは“生活環境ですか?掃除が不足してるとか”だった。

“違います。それは関係ありません。たいがいの犬にはもともと寄生している虫です。

それが何かの原因がきっかけで。例えばストレスとか免疫力の低下とかで発症する事があります”



恥ずかしなからアカラスって初めて聞いたし。

パパさんはパピーがかかる事は知ってたらしい。

生活環境では無いならストレス?何でもストレスが原因って病気の時って言うよな。

免疫力の低下。めっちゃ元気やのに???

しかしこの夏は暑さだけじゃ無くて湿度が異常に高かった。それもあるのかな。


帰ってからパソコンで調べてみた。


めっちゃ怖い事ばっかり書いてある

どうしよう。どうしよう。どうしよー!



それから調べまくった。

虫下しと言われたお薬の事とかも。

薬名はイベルメクチン。

長く飲ませる事になると言われてました。

出来たら長く飲ませたく無い。

でもそれより心配だったのは他の病気がフィーゴに潜んでいないかと言うこと。

検査の日まで心配で心配で仕方ありませんでした。

でもアカラスの事も調べなくては。

今はブログをされる方も減って来ているし情報が少なかった。

私が求めてる情報が少なかった。(お薬の投与しか方法が無いのかどうか)



そしたらもう随分と前の記事だったけど詳しく書いて下さってる方がいました。

その方が診て貰って治療して貰った方法を私もフィーゴに・・・アロマオイルの治療法。

神奈川県の病院でした。池田動物病院さんです。HPもあります。

【キャンプがてら行ってみようか!】 パパさんに言ってみた。

【毎週、通えるかいっ!】  


そうやんなぁ・・・。



でもどうにか方法は無いかとその病院に電話してみました。

最初、看護士さんが電話に出て下さって私の話を聞いて下さいました。

今、院長は外出してますが、院長の知り合いに関西で同じ処方をしてくれる方がいないか。

いない場合はこちらから着払いで送る事も出来ますよ。って言って貰えました。

翌日、院長先生から自宅に電話を頂けました。

とても穏やかな優しい口調の先生でした。

面識はありませんが箕面市に同じ処方をされる病院があります。

その病院で一度、相談されてはどうですか?と病院名、住所、電話番号を教えて下さいました。


嬉しくて電話で泣いてしまいました。

近くで病院が見つかった事より、先生や看護師さんの温かさに涙が出てしまった。



とにかく何でもやってみるしかない。

私は思ったより落ち込んでは無くて。


そして嬉しい事が。

私、少し痩せたみたい。←そこかっ!?

どんなダイエットよりもフィーゴとルイスの心配事の方がダイエットになるみたいです(;´∀`)




そして8月23日。

いつもの病院で半日預かりのフィーゴの検査になりました。

結果は肝臓の数値、GOT/AST と GPT/ALT と ALPがいつも通り少し高かった。

でも前回の検査よりかなり正常値に近づいてました。

院長先生曰く、ALB とTCHO と血糖 の数値が正常であれば肝臓は正常に機能しているとのこと。

フィーゴ、他の血液検査の結果は全て正常値。

心配だった甲状腺も副腎も正常値。

エコーも全て問題無しでした。


良かった。これでアカラスの治療の事だけに専念出来る。

パパさんなんて、

【なっ!俺はなんも無いって言うたやろ。でも俺が言っても信憑性が無いから検査は受けなあかんかって

ん。受けて良かったんや。】と意味がわかる様なわからん様な事を言ってました。



アカラスを調べながら免疫力アップの事についても調べてた。

やっぱり酵素や手作り食か?

一度に色々と調べてやってみるのは今はやめておく事にしました。

あれが良い、これが良いと言われたら気になる性格だけど。

それはボチボチと。



かかりつけの院長先生に聞いてみた。

ルイスにうつる事はありますか?

お散歩で他のワンちゃんに挨拶しても大丈夫ですか?

海やキャンプに連れて行っても大丈夫ですか?


あぁ。全部、大丈夫ですよ。

ただし、海ねー。

こないだジャックがこの病院に来てね。

海でしこたま遊んで砂を食べてしまったのがお腹の中やら腸やらに詰まってしまって開腹手術になったんだよ!

って。


またまた

フィーゴもルイスも海で遊んだあとは砂ウンチが出てるから大丈夫とは言って貰ったけど。

どんだけその子は砂を食べてしまってたんやろか。



それからイベルメクチンの副作用について聞いてみた。



うーん・・・

まぁ。1週間飲ませて肝臓の数値も下がってるし大丈夫でしょう。

コリー系には要注意のお薬だけどと言われました。


先生、はっきり副作用を教えてー!


アカラスについては多種多様でまだはっきりと解明されていない事が多いんですとのこと。


皮膚科専門の病院に行こうとは思いませんでした。

かかりつけの病院と治療方法は同じだから。


アレルギーやアトピーと言われてなかなか発見して貰えない事があるこのアカラス。

最初の診察で見つかって良かった。


そして翌日、箕面市の病院へ行きました。長くなるので続きます。




プロフィール

最新記事

カテゴリ

カテゴリー+月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム