愛しのルイス&フィーゴⅡ

JRT(ジャックラッセルテリア)フィーゴとルイスと飼い主のこと。

フィーゴの春の健診



027 (610x458)


4月7日(日)

フィーゴも同じく9種ワクチンとフィラリア検査。そして健康診断。




フィーゴは数年前に7種を打って軽いアレルギー反応が出ました。

接種後、数分で吐いた。

それからは5種を打っていたのだけど、今の病院に変わってからは9種を接種しています。


でも念のため、アレルギー止めの注射を先にしてからワクチン接種です。






これが原因か  (血液検査はワクチン接種の後だった。)

それともこの2ヶ月ほどの間にフードを変えた事が原因か。

おやつ。 うちは犬用のおやつは基本は無し。

与えてたのは煮干しだけ。それもダメだったのか…。




フィラリア検査は問題無し。


しかし血液検査で過去最高の肝臓の基準値オーバーに


ALT  10-110のところが  662

AST  0-50のところが    263

ALKP 23-212のところが  240



おまけにCRP(炎症反応)も微妙な数字。

0~1のところが 1。  1~5だと軽度の炎症。

でも0~1が基準値だと考えたら基準値内。







一ヶ月後に再検査です。

もし数値がもっとあがっていたらエコーやレントゲン。

そして次の検査に進む予定




吐いたり下痢したりとかの症状は無いフィーゴ。

食欲もモリモリあるし元気。





でも体の中の事は見えないし、フィーゴは“俺、実はこんな感じやねん”って言わない。

一過性のものだと良いのだけど今回の肝臓の数値には正直焦った。



前のフードは今のフードとローテーションする予定だったので家に買ってあった。

病院へ行った夜からは前のフードに戻しました。

そして友に教えて貰ったサプリを早速ネットで注文。

煮干は控えてます。

たったひとつのフード以外のお楽しみやったのにね。





病院から帰った日。ルイスはお散歩に少しだけ行きました。

お散歩に誘ったけど、フィーゴはソファーに寝たままで起きませんでした。

ワクチンを打って疲れたんかな。





でも翌日は早朝から

“おかん!はよ朝飯ちょーだい”と起こしに来てくれて。

お散歩快調。ウンチも快便。







しっかし気になる気になる。心配だわ。


でもフィーゴが元気なら、普通に過ごそう。


私の不安はフィーゴに伝わるもんね。






フィーちゃんよ。いつも何かしらとあるフィーちゃんよ。

基準値内に下がると良いな! 頑張ろう!


















プロフィール

最新記事

カテゴリ

カテゴリー+月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム