愛しのルイス&フィーゴⅡ

JRT(ジャックラッセルテリア)フィーゴとルイスと飼い主のこと。

北関東・信州 夏旅*2016 群馬Ⅲ


505 (700x525)

お昼ご飯を頂いたのはこちらのお店。


474 (700x525)

後から知ったのだけどテレビに取材をされたそうな。
ヒルナンデスって書いてた。

そして注文を受けてからお蕎麦を打ってくれはりますので。
非常に時間がかかりましたー。

473 (700x525)

のどかな場所にありました。

477 (700x525)

480 (700x525)

群馬ちゃんもいてました♡

481 (700x525)

482 (525x700)

485 (525x700)


お店のお庭にはお花がいっぱい(*´∀`*)

そしてこんなペットも。

490 (700x525)

ヤギさんに気付いたルイス。
また吠えてたヽ(;▽;) 
ごめんなさい。

491 (700x525)

テラス席なら犬も一緒に入れます。

492 (700x525)

嬉しそうな顔やね。僕らのご飯と違うねんけど。

494 (700x525)

497 (700x525)

お店のお母さんがフィーゴとルイスを撫でに来て下さった(^O^)

498 (700x525)

それからオヤツまで頂きました♡

499 (700x525)

500 (700x525)

彼らは大喜び。ありがとうございます(^O^)

506 (700x525)

お蕎麦まだかな~

508 (700x525)

まだかな~

510 (700x525)

まだかな~


512 (700x525)

ルイスも覗いてくれてますよ~
フィーゴも少しだけ見えてますよ~

お蕎麦が来たー^^♡

514 (700x525)
パパさん天ざる蕎麦。

515 (700x525)

私は鴨汁蕎麦。

鴨汁!美味しかったー\(^o^)/

満足、満足♡

516 (700x525)

食後にアイスコーヒーのサービスがあるのを知らずにお会計を。

その時にお店のお母さんが気付いて下さって。

テイクアウト様式です。

嬉しかった。本当にありがとう。ご馳走様でした^^♡

517 (700x525)

さてキャンプ場に戻りますよ~
途中で前日の温泉とスーパーで買出し。

帰ったら。
518 (700x525)

ジュンちゃんが遊びに来てくれた(*゚▽゚*)
キャンプ場のワンちゃんでは無いのだけど。
看板犬さんみたいなジュンちゃんです。
10歳だそうです。

520 (700x525)

10歳でも動きが早くてお顔がブレてしまったよ・笑
こんな自然いっぱいの中で生活をしてたら元気になるよね。
とても羨ましい事だよ。ジュンちゃん。
これからも元気でいてね。また遊んでね。

519 (700x525)

521 (700x525)

525 (700x525)

526 (700x525)

ジュンちゃん、とってもお利口さんで優しいワンちゃんです。
姿を見たら最初はルイスも吠えてたけど。
近寄ったらクンクンしたり一緒に遊んで貰ってた♡




529 (700x525)

この日の夜は我が家の隠れシェフが登場です!

533 (700x525)

焼いてくれました。

お肉と野菜(≧∇≦)笑


534 (700x525)

あとは埼玉で買ったお豆腐。

以上です!

が!

537 (700x525)

シェフが2度もお肉を焼いてくれました( ´艸`)
張り切ってたわー。
それが可笑しくて。

535 (700x525)

彼らは呆れてたけど(≧∇≦)

538 (525x700)

僕らにおすそ分け。

無かったね。

ゴメン!って言ったら。

539 (525x700)

540 (525x700)

ブレブレで怒ってた・笑


544 (700x525)

管理人さんからお魚を頂きました(((o(*゚▽゚*)o)))
とても美味しかったです!
川魚って二人とも食べた事があまり無いのだけど。
今まで食べて来なかった事を後悔しました。
めっちゃ美味しかった!

560 (700x525)

キャンプ場に戻った時には雨が少し降ったけど。
すぐにやんでくれました。

焚き火は薪が濡れてしまったのでこの夜はしなかった。

代わりに我が家のサイトに虫のお客さんが遊びに来てくれました(^∇^)ノ



552 (700x525)

クワガタの女の子。

555 (700x525)

可愛いねー(^-^*)♪

虫と言えば。
アブはいました。少しだけ。
それが私は虫除けをしてたのにアブさんが寄って来てくれてね。
どうやらアブが好む臭いを発してたみたいです

この日の夜もとても良く眠れました。

違うわっ!

朝の4時に草を食べ過ぎたフィーゴがゲボゲボして起こされたのだった

あれが無ければ朝まで熟睡の夜でした

プロフィール

最新記事

カテゴリ

カテゴリー+月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

メールフォーム